【兵庫】「見えない/見える」ことについての考察

2020.10.27(火)〜 2020.10.29(木)

あましんアルカイックホール

詳細

“森山未來の声と身体、光で感じる 新感覚の朗読パフォーマンス”

「私たちは見えなくなったんじゃない。もともと見えてなかったのよ」

ゆらぐ残像、響き合う声。日常を失った世界に問う「本当に見ること」とは

 

私たちが本当に見ているものは何なのか。この問いの答えを見つけるとき、選び取ることの大切さに気づくことができるでしょう。パフォーマンス《見えない / 見える ことについての考察》は声と残像、そして森山未來の身体を通して私たちに語りかけてきます。

 

《見えない / 見える ことについての考察》はノーベル文学賞作家ジョセフ・サラマーゴの『白の闇』という小説から着想を得たテキストのリーディングを中心としたパフォーマンスです。ある日人々が突然視力を失う、それはいわゆる「黒い闇」ではなく、ミルクのように圧倒的な白い闇なのです。人々はパニックに陥り、弱者と強者の立場が入れ替わるなどの混乱がおきます。最後は視力を取り戻しますが、この体験を通して彼等は、見ることと見えないことの境界をリセットし、不確かな現代の中で本当に見なければならないものについて再考するのです。

この『白の闇』に、モーリス・ブランショ作の『白日の狂気』がメタテキストとして絡まってきます。これは強い光で視覚を失いそうになること、すべてが見えすぎることによってかえって見えなくなることを比喩的に語っています。明滅する光の残像の中に浮かび上がる森山未來の身体と、透徹した声で読まれる2つのテキストの響き合いは、未知のヴィジョンへと観客を誘っていきます。(キュレーション:長谷川祐子 初演時概要より引用)

 

そして2020年、当たり前の日常を失い、新しい生活を築くこととなった我々に「本当に見ること」について問いかけます。

 

 

日時

チケット発売日
2020年9月12日(土) 12:00
金額

5500円

お問い合わせ

サンライズプロモーション東京:0570-00-3337(平日12:00~15:00)

アクセス

チケット購入 チケット購入

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。

※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。 プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。

CONTACT US お問い合わせ CONTACT US お問い合わせ

公演・イベント・チケット情報など
ご相談お電話窓口はこちら!

0570-00-3337 0570-00-3337

受付時間 : 平日12:00~18:00(※土日祝休業)

<お電話による問い合わせ窓口の営業時間短縮のお知らせ>
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、弊社では2020年7月1日(水)より当面の間、
お電話によるお問合せ受付を、月~金の正午12時~15時の営業とさせて頂きます。

なお、公演の延期や中止、払い戻しに関する情報は、
弊社ホームページ、もしくは公演の公式HPにて随時更新いたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。